手術の費用で知っておきたいこと

  • HOME
  • 手術の費用で知っておきたいこと

手術の費用で知っておきたいこと

単焦点眼内レンズ(健康保険適用)

日帰り手術
年齢 負担 片眼 両眼
同月 別月
70歳未満 3割負担
70歳以上 1割負担
2割負担
3割負担

高額療養費制度に該当:収入により変化(平成29年4月現在)

入院での手術
年齢 負担 片眼 両眼
1回 2回
同月 別月
70歳未満 3割負担 22960円 37540円
70歳以上 1割負担
2割負担
3割負担

高額療養費制度に該当:収入により変化(平成29年4月現在)

  • 入院手術では、短期滞在手術等基本料3という定額の点数で算定されます。
  • 片眼の手術では総額で22960円、1回の入院で両眼手術では総額37540円になります。
    ※これは入院費用も含み、5日以内の退院が条件です。
  • 2度目の入院には間を7日間開けなくてはいけないことになっています。
  • 両眼の手術をする場合、従来は1回の入院で手術をする場合が多かったのですが、平成26年にこの制度ができてからは1回の入院で両眼の白内障手術を行う病院は少数になりました。両眼の手術期間も長くなります。

多焦点眼内レンズ(先進医療)

負担 片眼 両眼
1割負担
2割負担
3割負担

*先進医療の費用は医療機関ごとに異なります。

高額医療費制度について

高額療養費制度とは、公的医療保険における制度の一つで、医療機関や薬局の窓口で支払った額が、暦月(月の初めから終わりまで)で一定額を超えた場合に、その超えた金額を支給する制度です。高額療養費では、年齢や所得に応じて、ご本人が支払う医療費の上限が定められており、またいくつかの条件を満たすことにより、さらに負担を軽減する仕組みも設けられています。

詳しくは、厚生労働省のHPをご覧下さい。

  • 高額療養費の還付については、1ヶ月分ごとの支払額の合計が対象になります。
  • 高額医療費制度のため、両眼の手術は、同一月内に手術を受ける方が還付が増えることがあります。
  • 生命保険による手術給付金特約および先進医療特約がある方は、給付金を受けることができる場合があります。詳しくは、ご契約されている生命保険会社にお問い合わせください。

先進医療について

はんがい眼科は、平成29年10月1日より厚労省が定める先進医療「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」の認定施設として認められました。

一般の保険診療で認められている医療の水準を超えた最新の先進技術として、厚生労働省が認定する医療機関のみが実施できる医療技術で、保険診療との併用が認められています。すなわち、先進医療にかかる費用として、手術や眼内レンズ費用は全額患者様の自己負担となりますが、それ以外の手術当日の薬代および手術前後の診察・検査・薬代の費用は保険診療で行えるようになります。これにより、自由診療に比べて患者様の経済的負担を軽減して厚労省認定の多焦点レンズを選択することが可能です。

詳しくは、厚生労働省ホームページ「先進医療の概要について」をご覧ください。

また、民間の生命保険による先進医療特約に入っておられる方は、手術や多焦点眼内レンズの費用が給付されますので、ご契約されている生命保険会社にお問い合わせください。

先進医療について

ご予約・お問合せは
お気軽に

患者さんのより近くにいて医療を実践し、正確な診断と確かな手術技術で
みなさまの人生を失明から守ります

pagetop