単焦点眼内レンズ

  • HOME
  • 単焦点眼内レンズ

単焦点眼内レンズ

単焦点眼内レンズとは(保険適用)

「単焦点眼内レンズ」は、白内障手術において、保険適用となる、最も一般的な眼内レンズです。

単焦点レンズを用いた白内障手術は国民健康保険によりカバーされます。手術にかかる費用は国民健康保険の負担割合に応じた自己負担で手術が受けられるという経済的なメリットがあります。

単焦点眼内レンズとは(保険適用)
乱視矯正眼内レンズ(トーリックレンズ)とは

乱視矯正眼内レンズ(トーリックレンズ)は、乱視を矯正できる眼内レンズです。
通常の単焦点眼内レンズと同じく、保険適用で手術が受けられるようになっています。

単焦点眼内レンズではメガネを併用することを前提とします

「単焦点眼内レンズ」では、メガネを併用することを前提とします。

焦点の合う位置を遠くに合わせた場合は、メガネなしで遠くがはっきり見えます。そのため、手元をみるとき(例えば本などを読むとき)は、いわゆる老眼用のメガネを必要とします。

逆に、ピントの合う位置を近くへ合わせた場合は、メガネなしで近くがはっきり見えますが、遠くはぼやけて見えます。つまり中くらいの近視になったことを意味します。そのため、遠くを見るとき(例えばちょっと離れてテレビを見るとき)は、近視用のメガネを必要とします。

単焦点 近くにビントを合わせた場合、遠くがばやける
単焦点 遠くにビントを合わせた場合、近くがばやける

デスクでのお仕事が多い方
読書の多い方
細かで繊細な作業の多い方

車の運転の多い方
アウトドアの多い方
ゴルフなどの多い方

さらには、単焦点眼内レンズのピントを中間距離に合わせる方法もあります。

中間距離は50 cm~1 mの距離です。お料理、PC作業、人との会話、掲示を見るときなど中間距離の作業は意外と多いのです。中間距離に合わせておくとお年寄りが足元などがよく見え安全に行動できる利点があります。ただし、中間距離に合わせると、遠くと手元はぼやけて見えますので、遠用メガネと近用メガネの両方を持つか、遠近両用眼鏡を持つ必要があります。

単焦点眼内レンズではメガネを併用することを前提とします

ご予約・お問合せは
お気軽に

患者さんのより近くにいて医療を実践し、正確な診断と確かな手術技術で
みなさまの人生を失明から守ります

pagetop