術後のケア

  • HOME
  • 術後のケア

術後のケア

日常生活での注意点について

術後に生活制限があるのは、すべては術後眼内炎(手術の後の細菌感染)を防ぐためです。せっかく手術翌日視力が1.2に回復しても、術後眼内炎を起こすとすべてを失います。地球上に細菌がいる限り仕方が無いことなのです。術前術後の抗生物質使用により感染防御に最善を尽くしますが、ごく稀に抗生物質の効かない耐性菌が術後眼内炎を引き起こすリスクがあるのです。予防のための最善の努力を行うとともに、万が一の術後眼内炎も早期に発見する心の準備が大切なのです。

  • 洗顔・洗髪・入浴

手術後の感染症を防ぐため、術後1週間の洗顔・洗髪は控えていただきます。首から下を入浴いただくのは術翌日から構いません。お風呂の水は大腸菌うようよなので1週間は眼にかけてはいけないのです。濡れたタオルで顔を拭くのは当日から構いません。美容室などで仰向けに洗髪するのはOKです。もしかするとここまで厳しくする必要は無いのかもしれませんが、術後眼内炎の中には失明を招くものもありますので、万全を期した対策なのです。

  • お化粧・ひげそり

眼球の周囲に人工的不純物が入るのは1~2週間は避けた方が無難です。お化粧は、手術後1週間は、目の近くは控えてください。アイメイクは2週間程度避けてください。毛染め・パーマは、約2週間後からできます。一方、目から遠い電気カミソリによる髭剃りは、手術の翌日からOKです。

  • 飲酒・たばこ

食事についての制限は特にありません。お酒は人によっては炎症を悪化させる恐れがあるため、手術後の3日は控えた方が良いでしょう。喫煙が白内障手術術後に影響を与えるかどうか不明ですがこの機会に禁煙しましょう。

  • 仕事・運動

仕事の内容によります。デスクワークなど室内の仕事なら、手術の翌日から可能です。極端に重いものを持つ重労働については、いきみがどの程度問題を起こすか不明ですが、念のため1週間は控えた方が無難です。
日常の家事や散歩程度の運動は、手術の翌日より可能です。水晶体の袋は術後すぐは柔らかいため薄い眼内レンズは目の動きに合わせて揺れます。徐々に水晶体の袋はしっかり固まってきて眼内レンズは揺れにくくなります。このため走ったり、階段を駆け下りたりすることは2週間は辛抱ください。
ゴルフなどの通常のスポーツは、いろいろなリスクを考慮して1か月辛抱してください。水泳も汚染されたプールの水が創口に直接触れる可能性があるため、1か月は控えた方が無難です。
砂ぼこりなどで目が汚れる可能性がある競技や、目を打撲する可能性がある競技も、1か月は控えてください。
不安があれば手術後の仕事や運動は、主治医に相談してから行いましょう。

  • メガネ

手術前に使用していたメガネは、多くの方は合わなくなります。各自異なりますが、屈折や乱視が安定するのは、術後1~2か月後で、その間にメガネの度数も少し変化するため、術後早くメガネを作ると後でズレることがあります。1~2か月はメガネを作るのを待った方が無難です。仕事などで術後すぐメガネが無いと困る方は、術後すぐ作っていただき万が一後で度数がズレた場合は、メガネのレンズを変えるのもありです。その場合の追加費用は、眼鏡屋さんによってことなりますのでご確認ください。

  • 旅行・運転

近くへの短期間の旅行であれば術後1週間より可能ですが、遠距離旅行(特に海外旅行)などは、1か月ぐらいの間は避けたほうが無難でしょう。温泉や大衆浴場の利用も1か月は避けましょう。本当は1週間我慢いただければ大丈夫なのかもしれませんが、不確定要素がありすぎてOKとは言えないのです。予定がある場合は、医師と相談して、手術日の調整をしてもらうようにするとよいでしょう。
白内障手術は、手術で問題が無ければ翌日からよく見えますので、運転することは可能ですが、術後の見え方に脳がなじむのにはある程度時間はかかるものです。安全運転のために、術後の見え方に応じて術後の運転は決めていきましょう。

術後検診について

白内障の手術は、短時間で終わり、日帰りでの手術も可能になり、手軽な手術と感じるかもしれません。
しかし、一歩間違うと、とんでもない問題が起きることがあります。その多くは、術後の細菌感染や炎症です。ハッピーな手術を本当にハッピーにするためには、手術をした後は、術後の点眼治療と定期的な検査が絶対に必要となります。

一般的には、手術をした翌日、3日後、1週間後、2週間後、1ヶ月後、3ヶ月後といった期間での、定期的な検査を受けて、術後の合併症が出ていないか、きちんと見えるようになっているかどうかなどについて、しっかりと確認することが大切です。

術後の合併症や、視力、視機能の安定については、術後短時間ではわからないことが多いのです。
定期的な検査を受けることで、何らかの問題が見つかっても、早期に適切な処置が可能となるのです。

ご予約・お問合せは
お気軽に

患者さんのより近くにいて医療を実践し、正確な診断と確かな手術技術で
みなさまの人生を失明から守ります

pagetop